ハゲタカ 第1話 フル動画見逃し配信の無料視聴方法とは?

ハゲタカドラマ動画無料フル

木曜ドラマ ハゲタカの第1話が、本日2018年7月19日(木)の21時からテレビ朝日系列で放送されますが、見逃しちゃったという方でも動画配信で視聴できる方法をご紹介します!

主演は鷲津政彦役の綾野剛さんで、他にも渡部篤郎さん、沢尻エリカさん、小林薫さん、杉本哲太さん、光石研さん、池内博之さん、佐倉絵麻さん、堀内敬子さん、木南晴夏さんなど、豪華俳優陣も出演している作品です。

リアルタイムでハゲタカの第1話を見逃してしまったあなたのために、見逃しフル動画を無料視聴するための方法を紹介していきますね!

当サイトの管理人が推奨している視聴方法は、違法なアップロードサイトではなく公式的に視聴可能な動画配信サービス「ビデオパス」です。

なぜ違法なアップロードサイトが危険なのかも合わせて説明していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ドラマ「ハゲタカ第1話」見逃し動画の視聴方法とは

1週間期間限定無料配信

木曜ドラマ ハゲタカの見逃し配信は、放送終了後1週間以内であれば期間限定で、TVerが無料配信していますのでチェックしてくださいね。

※TVer(ティーバー)での見逃し配信は「ハゲタカ」の放送終了後、次の放送が始まるまでの期間限定となります。

TVerの注意点
見逃し配信を1週間限定でしてくれるTVerは嬉しいサービスなのですが、次の放送が始まってから先週見てないと気付く場合も多いし、TVerで視聴すると動画1話に対して飛ばせないCMが何度も表示されるのがデメリットなんです。

イラっとする飛ばせないCM表示や1週間という期間を過ぎてしまうと見れないTVerのデメリットを考えると、僅かな月額利用料で好きなだけドラマや映画の動画が見放題の「ビデオパス」を利用したほうがメリットがあると思い、私は動画配信サービスを利用しています。

もし「ハゲタカ」だけでなく、いろんなドラマを余計なCM無しで視聴したいなら、あなたも動画配信サービスを利用した方がメリットが大きいのかもしれませんね。

期間限定1週間を過ぎてしまった場合

木曜ドラマ ハゲタカに限らず、テレビでドラマをリアルタイムで観る時間がなかったり、仕事やプライベートで視聴することが出来ない人は多いと思います。

テレビを録画して後から見る方法もありますが、自宅にいないと見れないから通勤や通学のスキマ時間を利用できないのも痛い。

さらに一人暮らしなら良いけど、実家や寮生活なんかしてると好きな時間に自分の見たい番組を見るなんてことも出来ないかもしれません。

そんな場合におすすめなのが、動画配信サービスの「ビデオパス」を利用する方法なんです。

ビデオパスはテレビで放映されたドラマやバラエティだけでなく、洋画や邦画まで定額料金で楽しめるサービスなんですね。

もちろん、良いところで割り込まれるCM動画も流れませんし、変な広告も一切ありません。

ビデオパスがおすすめな理由は
いまなら動画配信サイトのビデオパスで初回30日間無料お試しキャンペーンが開催中なんです!

しかも月額562円(税抜)で人気映画やドラマなど1万本の全ての作品が見放題でテレビだけでなくスマホやダブレットなど、いろんなデバイスで視聴することができちゃいます。

もちろん「ハゲタカ」の最新作も定額の料金だけで見放題ですし、30日間のお試しキャンペーンを利用すれば無料で視聴することも可能ですよ!

ぜひビデオパスの30日間の無料お試しキャンペーンの機会を利用してくださいね!

パンドラやデイリーモーションの無料動画は違法でリスクあり

無料動画のトラブル

ハゲタカの第1話を見逃したからといって、パンドラ(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)、ミオミオ(miomio)などを探して見つけても絶対に視聴しない方が良いことは言うまでもない事実です。

違法動画サイトにアップロードされたものを喜んで見ていると、恐ろしいリスクがあることを再度、説明しておくと下記のようなものがあります。

違法動画アップロードを視聴するデメリット
  • 動画を視聴するのに時間がかかったり止まる
  • 押し付けがましい広告が流れて時間をロスする
  • 動画の画質が悪くて見てられない
  • 見たいドラマを探すのに恐ろしく時間がかかる
  • スマホやPCがウイルス感染したりアダルト広告が表示されたままになる

※Twitter界隈でも違法アップロードサイトのウイルス感染は有名です!

無料でいろんな番組を見れるからと言って、違法動画アップロードサイトを利用していると、大事なスマホやパソコンがウイルス感染して二度と起動しなくなるリスクは嫌ですよね。

今まで大丈夫だったからといって続けていた人も、それは運が良かっただけで、今後はいつスマホやパソコンが使えなくなるかもしれませんので、気をつけてください。

ハゲタカ 第1話のあらすじは?

ハゲタカの第1話を見逃しちゃったあなたに、あらすじを教えちゃいますけど、ネタバレになるのでビデオパスで見たい方は下記のリンクからすぐにチェックしてくださいませ。

ぜひビデオパスの30日間の無料お試しキャンペーンの機会を利用してくださいね!

ハゲタカ 第1話

時は1997年。バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界――銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。

そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施。日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、その席で外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦(綾野剛)と対面する。

簿価総額は723億6458万円。芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのだった。

芝野を除く三葉銀行の面々は、査定に向け想定以上の手応えを感じている様子。しかし4週間後に迎えた回答期日、芝野たちは鷲津から衝撃の評価額を提示される!

外資の“ハゲタカ”に丸め込まれたことに憤慨した三葉銀行常務取締役の飯島亮介(小林薫)は、第2回目のバルクセールを自らが仕切ると、名乗り出る。「三葉のためだけに働け」と強いる飯島に芝野は…?

一方鷲津は、バルクセールで手中に収めた債務者から怒号を浴びせられていた。たまたまその場に居合わせた、『東京クラウンセンチュリーホテル』のフロントマネージャー・松平貴子(沢尻エリカ)は、その様子を目にし…。

バブル崩壊後の1997年からスタートするのだが、日本がいかにバブル景気で踊らされていたのかが背景として感じられる作品です。

今の50代後半の方々はバブル景気の恩恵を受けていたのかもしれませんが、私の世代ではほとんどバブル景気というものを感じたことがありませんので、バブル崩壊という時代の良い勉強にもなります。

そしてバブル景気に便乗して過剰投資をしたメガバンクが、今まで統合や合併などを繰り返し、不良債権と戦い続けて淘汰されてきた経緯を考えても、感慨深いものがあります。

もう二度とあのような景気に踊らされて失敗する時代を繰り返さないためにも、また世の中の裏の仕組みを理解するためにも、ハゲタカは見ておくべき作品だと思います。

▼ビデオパスのお試し期間ならハゲタカを無料で視聴することが可能です

ハゲタカ 第1話 まとめ

木曜ドラマ ハゲタカの第1話をみて、なんとなく池井戸潤原作の「半沢直樹」というドラマと似ていると感じる人も多いのかなと思っています。

ただ今回のハゲタカの原作者は真山仁さんで、すでにNHKで大森南朋さんや柴田恭兵さんをキャストに使い、全6回のドラマとして放映されていました。

NHKの作品も見ていましたが、今回のテレビ朝日で放送されているハゲタカの方が馴染みやすい印象を受けたのも事実です。

もしあなたがハゲタカの第1話を見逃してしまったなら、迷わずビデオパスの30間お試しキャンペーンを使って、無料で視聴してみてください。

ぜひビデオパスの30日間の無料お試しキャンペーンの機会を利用してくださいね!

▼過去のNHKで放送されたハゲタカはHuluで視聴することが可能です!

ぜひU-NEXTの31日間の無料お試しキャンペーンの機会を利用してくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です